"海中へのパスポート"はお持ちですか?

ボートライセンスについて

小型船舶操縦免許証 一般には「ボート免許」と呼ばれていますが、正式には「小型船舶操縦免許証」といい、船舶職員及び小型船舶操縦者法により定められ、国土交通大臣が発行する国家資格です。           
      

免許区分

免許区分
種類
海域
備考
1級免許 20トン未満の船舶:ボート、ヨット すべての水域 水上オートバイを除く
2級免許 20トン未満の船舶:ボート、ヨット 海岸から5海里(約9km)以内の水域及び平水区域 水上オートバイを除く
特殊免許 JET水上オートバイ 乗船する船舶ごと規定された区域(2海里)  
水上オートバイに関する注意 以前は4級船舶免許を取得すれば乗ることが出来た水上オートバイ(ジェットスキー)ですが、近年の事故増加に伴い、船舶免許と別資格となってしまいました。1級小型船舶免許を取得されても水上オートバイには操縦できません。 水上オートバイ免許を乗船されたい方は、特殊小型船舶免許が必要となります。           
      

小型船舶とは?

総トン数20トン未満の船舶 "小型船舶"とは、総トン数20トン未満の船舶です。
但し総トン数20トン以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には、小型船舶に含まれます。
●一人で操縦を行う構造であるもの。
●長さが24メートル未満であるもの。
●スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの。(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)
          

ボートライセンスメニュー

小型船舶免許中で最高資格 1級小型船舶 外洋の島に行ったり世界一周などを目指される方におすすめの免許コースです。
航行区域の制限がないので、世界の海を航行することができます。

ヨットなどのトーイングで楽しみたい方に 2級小型船舶 2級小型船舶免許は、ボート・ヨット・ウェイクなどのトーイングで楽しみたい方におすすめの免許コース。
乗れる船の大きさは、総トン数20トン未満の船舶ですが、プレジャーボートであればトン数に関わらず長さ24m未満まで操縦することが可能。
水上オートバイ専用の免許 特殊小型船舶 特殊小型船舶は、水上オートバイ専用の免許の資格。
水上オートバイでツーリングやウェイクなどのトーイングで楽しみたい方におすすめの免許コースです。
乗船できるのは、水上オートバイのみです。

船舶免許遵守事項 ●酒酔い操縦等の禁止
飲酒等の影響により、注意力や判断力等が著しく低下しているなど、正常な操縦が出来ないおそれがある状態で、操縦することは禁止されています。
●免許者の自己操縦
水上オートバイを操縦するとき(全ての水域)、ボート等で港則法の港内や海上交通安全法の航路内を航行(横断を含む)するときは、免許受有者が直接操縦しなければなりません。
●危険操縦の禁止
遊泳区域への不用意な進入や遊泳者等への付近で航行するなど、危険のおそれのある操縦は禁止されています。 ●救命胴衣の着用義務
次の場合は、救命胴衣(ライフジャケット)等の着用が義務付けられています。 ・水上オートバイに乗船する者
・12歳未満の子供
ただし、命綱等を装着している場合や旅客船の乗客、船室内にいる場合は除外されています。
●発航前の検査の実施
発航前には、航行の安全に支障をきたさないよう、燃料やオイルの量の点検、気象・水路情報等の収集、船体の状態等の検査を実施しなければなりません。 ●見張りの実施
航行の安全を確保するため、周囲の水域の状況や他の船舶の動向等を十分に判断することができるよう、常時適切な見張りを確保しなければなりません。 ●事故時の対応
事故が発生した場合等には、人命救助に必要な手段を尽くさなければなりません。

ウィキペディア日本語版より一部転載